スポンサーサイト

  • 2011.05.18 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】アイスランドの火山噴火による火山灰は17日未明までに東欧、ロシア上空に達し、ロイター通信によるとロシアやエジプトを含む26カ国で空港閉鎖や欠航などの影響が出た。民間航空管制機関協会(本部アムステルダム)は「混乱は数日続く恐れがある」との見方を示しており、経済的損失は「数億ドル(数百億円)以上に達する」(米メディア)との懸念も広がる。

 英BBC放送によると、17日未明の時点ですべての空港が閉鎖されたのはフィンランド、オランダ、ハンガリーなど10カ国。他に英国、ドイツ、フランス、イタリアなど10カ国でも主要空港が閉鎖されている。

 15、16の両日で2万6千便以上が欠航となった。

 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は17日も全便を欠航。アイルランド格安航空ライアンエアも19日昼まで欧州北部を飛ぶ便をすべて欠航する。米デルタ航空が北米便を欠航するなど混乱は続いている。

 BAは1日につき1千万〜2千万ポンド(14億1千500万〜28億3千万円)の損失が出ると試算。国際航空運送協会(IATA)は航空会社の減収が1日当たり2億ドル(約184億円)以上となるとの見通しを明らかにした。火山灰による空港閉鎖や欠航が長引けば損失はさらに拡大しそうだ。

 一方、英国と欧州大陸を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」はロンドン発パリ、ブリュッセル行きは16日、3万8千人以上が乗車するなど満杯の状態。ドーバー海峡を結ぶフェリーの乗客が急増、ドイツでは車で移動するためレンタカーの借り出しが殺到している。

 英国ではこの時期、イースター(復活祭)休みを利用して修学旅行を行う学校も多く、帰国の予定が遅れている。同国に拠点を置く日系企業の間では混乱が長引くことへの懸念が広がっている。

【関連記事】
天災なんの!岡田監督、モスクワ到着
アイスランド火山噴火 航空業界1日2億ドル減収
江田参院議長のポーランド弔問中止
「9・11以来」世界の空が大混乱
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田
外国人地方参政権問題に一石

雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
<クレヨンしんちゃん>小児がんと闘う子供と家族ら、試写に(毎日新聞)
<日本人が見た中国>中国女性の地位はそれほど低くない
川島海荷、広末涼子「MajiでKoiする5秒前」をカバー!
仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?(産経新聞)

パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)

 東京都中野区で今年3月、11か月の女児が乗用車のパワーウインドーに指を挟み、小指を切断する重傷を負っていたことがわかった。

 東京消防庁は「小さな子供が乗っている時は、窓やドアをロックしたり、閉まるまで目視で確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 同庁によると、3月22日午後9時20分頃、同区本町の青梅街道を走行中の車内で、後部座席で母親が女児を抱きながら窓を閉めた際、女児の右手小指が窓に挟まった。母親は指が挟まったことに気付かなかったという。国民生活センターの調査によると、パワーウインドーは圧力が強く、大人の力でも制止することは困難という。

 都内では昨年9月に4歳男児が首を挟まれ重傷を負うなど、子どもがパワーウインドーに巻き込まれる事故は2005年4月以降、計8件に上っている。

<訃報>中村寛之助さん81歳=元協和発酵工業社長(毎日新聞)
<東ティモール>子どもたちにサッカーボール 湘南ベルマーレとPWJが贈る(毎日新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)

<葬儀>渡辺泰憲さん=11日、東京・板橋区のときわ会館(毎日新聞)

 渡辺泰憲さんの葬儀=元ラグビー日本代表・3日死去=11日午前11時から東京都板橋区南常盤台1の36の5のときわ会館。喪主は妻真由美(まゆみ)さん。

首相、中井氏の問題、「二度とこのようなことがないよう」(産経新聞)
神教組基金 北教組と類似性 詳細不明「公金でない」(産経新聞)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
<掘り出しニュース>県天然記念物なのに…所有者、サザンカの巨樹を無断で伐採 奈良(毎日新聞)
<名古屋地裁>点字のみの訴状受理 障害者「裁判開かれた」(毎日新聞)

鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)

 民主党が政権交代を果たした昨年夏の総選挙前から指摘された鳩山由紀夫首相の故人献金問題に端を発した今回の偽装献金事件。その後も小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件や、北海道教職員組合(北教組)幹部から小林千代美衆院議員側への違法献金事件と、「政治とカネ」を巡る問題が次々に政権交代後の民主党を直撃した。この間、各種世論調査の内閣支持率も低迷を続けるなど、鳩山首相は苦境に立たされている。

 野党時代には、「秘書の罪は国会議員の罪」などと語っていた鳩山首相。しかし、自身の元秘書が立件されるに至ると、「私腹を肥やしたわけではない」などと述べ、自身の進退を問う声を一蹴(いっしゅう)した。ただ、野党時代と政権奪取後の姿勢が違うことに対して、批判は根強い。

 また、側近議員への「裏金」提供を一貫して否定し続けていたが、勝場啓二被告が熊田篤嗣議員側に平成15年の衆院選の際に現金を渡していたことを複数の関係者が明らかにするなど、さらなる疑惑も出てきた。

 小沢氏をめぐっては、衆院議員の石川知裕被告ら現・元秘書3人が起訴された。しかし、小沢氏は自身が不起訴処分となっていることから「潔白」を主張。野党のみならず党内からも進退を問う声が出るものの、その声には耳を貸さない。立件された石川被告も離党にとどめ辞職はしていない。

 小林氏も、自身の陣営幹部らが北教組を巡る事件で起訴された後「離党・辞職考えてはおりません」などと述べた。ただ、昨夏の衆院選で日当買収を約束したとして、選挙対策委員長代行が公選法違反罪で有罪判決(控訴中)を受けており、連座制適用で失職する可能性も出ている。

 夏の参院選への影響を考えて、即日結審する今回の裁判。ただ、鳩山首相や民主党の周辺には、まだまだ、火種がくすぶっている。

【関連記事】
21議員側に5500万円寄付 鳩山首相側、不自然さ残る「バラマキ」
首相、贈与税3470万納付 「実母分」6億円上回る
くすぶる首相献金問題 素朴な疑問が山積み
鳩山首相「同志の潔白信じるのは当然」 参院代表質問
母の資金力、鳩山3世代を支えた石橋家

鳩山首相元秘書、29日に初公判=起訴内容認め、即日結審へ−偽装献金事件(時事通信)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述−中国製ギョーザ事件(時事通信)
フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
<突き落とし>容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(毎日新聞)

国民新、プロレスラー西村氏を擁立(産経新聞)

 国民新党は24日、夏の参院選比例代表に、新人でプロレスラーの西村修氏(38)を擁立することを決めた。西村氏は平成2年に新日本プロレスに入団後、がんを患いながらリングに上がり続けたレスラーとして知られている。

【関連記事】
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
11兆円の追加経済対策を 国民新が独自案
平野官房長官と国民新・下地氏が普天間移設めぐり協議
女性の旧特定局長を登用へ 再編後の郵政取締役に 亀井担当相
夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
【ファッション・ナビ】2010年春夏神戸コレクション(産経新聞)
拉致問題 被害者家族会が蓮池透さんの退会発表(毎日新聞)
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足−大阪(時事通信)
橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)

自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)

 自民党の山本一太参院議員ら衆参両院議員の若手5人は25日午前、党本部で谷垣禎一総裁に対し、執行部人事を刷新し中堅・若手を登用するよう申し入れた。応対には大島理森(ただもり)幹事長も同席した。

 山本氏らは衆参両院の執行部人事について「国民にアピールする大胆な人事をしてほしい」と要望。これに対し、谷垣氏は「人事はやるときはやるし、やらない場合もあるかもしれないが、それを今、言うのは良くない」と明言を避けた。また、参院の執行部人事については「参院は(人事は)独立しているのではないか」と述べたという。

 また、山本氏らは、政府・与党が進める公務員制度改革や郵政民営化の見直しについて、対案をまとめることも要望した。

【関連記事】
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
世論、小林議員、女性スキャンダル…小沢襲った“三重苦”
岩手知事、生方問題でマスコミ批判「異常な取り上げ方だ」
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…

嫌がらせ書き込みが過去最多 前年比5割増(産経新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
蓮池透さんが退会 救う会新会長に西岡氏(産経新聞)
<香美市長選>門脇槙夫氏が無投票で再選(毎日新聞)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)

大阪・旭区で異音盗(産経新聞)

 26日午前3時5分ごろ、大阪市旭区中宮の市道で、大阪府枚方市の自営業の男性(32)が乗用車を発進させた直後、左後部タイヤから異音がしたため、車を降りたところ、何者かが運転席に乗り込んで急発進させ、南に逃走した。車内には現金約5千円の入った財布もあり、旭署が窃盗事件として調べている。

覚せい剤使用容疑で追送検=JAYWALK中村容疑者−「口から飲んだ」・警視庁(時事通信)
小学校教諭が6年生に「お前たちは粗大ごみ」(読売新聞)
覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)

西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出−低気圧接近、警戒を(時事通信)

 日本列島は20日、前線を伴う低気圧が急速に発達しながら朝鮮半島付近を日本海方向へ進んだ影響で、主に西日本に南から暖かい空気が流れ込み、気温が上昇した。気象庁によると、大分市で全国最高の29.3度となるなど、3月の観測史上最高を記録した地点が九州から関東の約60カ所に上った。
 1日の最高気温が30度以上の「真夏日」に近かったのは、大分市のほか、宮崎県日向市の29.1度、同県延岡市の29.0度など。風も強く、和歌山市内で最大風速が23.0メートルとなるなど、3月の観測史上最高を記録する地点が続出した。
 一方、20日夕からは西日本や北日本で所により強い雨が降り始め、21日にかけ海や山は大荒れとなる見込み。
 低気圧が21日に北海道付近を通過するとともに、寒冷前線が本州付近を通り抜け、激しい雨が降ったり、突風や雷が発生したりする恐れがある。気象庁は警戒を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<人事>最高裁判事に慶応大学院・岡部教授(毎日新聞)
<蒸気機関車>ぽっぽー春の音…「SLやまぐち号」出発進行(毎日新聞)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕−広島県警(時事通信)
【WEB人】ITジャーナリスト兼コンサルタント・林信行さん(42)(産経新聞)

<センバツ>開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会で22日、21世紀枠で出場した向陽(和歌山)に1−2で敗れた開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が、試合後のインタビューで「21世紀枠に負けて末代の恥です」などと発言した。日本高校野球連盟は「事実確認をしたい」としており、発言の趣旨などを確かめる。

 野々村監督は「恥ずかしくて立ち上がれません」とも述べた。

 21世紀枠は、昨秋の都道府県大会ベスト8以上の学校などを対象に地域への貢献活動など野球以外の活動も加味して選考している。

 取材に対し、開星の大多和聡宏(あきひろ)校長は「監督と連絡がつかない」としながら「仮に相手に失礼な発言をしたのなら、礼儀に反すること。まずは事実関係を把握し、(監督に)指導すべき点は指導したい」と述べた。

<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)
<訃報>葉山峻さん76歳=元民主党衆院議員、元藤沢市長(毎日新聞)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」(産経新聞)
雑記帳 海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)

<訃報>佐藤昭子さん81歳=田中角栄元首相の元秘書(毎日新聞)

 佐藤昭子さん81歳(さとう・あきこ=田中角栄元首相の元秘書)11日、心不全のため死去。葬儀は12日、近親者のみで済ませた。喪主は長女敦子(あつこ)さん。

 新潟県柏崎市出身。1952年に元首相の選挙活動を手伝った縁で、秘書になった。その後、元首相の政治団体「越山会」の会計責任者などを務めた。その絶大な影響力から「越山会の女王」「越山会の金庫番」と呼ばれ、田中派の中堅だった小沢一郎氏らが「ママ」と慕っていた。

 元首相が病に倒れた85年、娘の田中真紀子元外相によって事務所が閉鎖され、解雇された後は政治団体を主宰していた。

基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」(産経新聞)
「嘘つき」与党に抗議 高校無償化法案、朝鮮学校めぐり紛糾(産経新聞)
小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 還元率
ネイルサロン
借金整理
無料ホームページ
競馬サイト
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM